ブロック工事や改修工事はお手の物!住宅を変えよう

太陽光発電の敷居

太陽光発電の価格について

太陽光発電の価格は、もともと政府が普及対策の一環として、初めは売り価格の倍額の48円での買い取りを行ってきましたが、現在は太陽光発電の普及がある程度進み買取価格は32円まで下がってきています。どちらの料金形態での契約でも10年間の保証がついています。 今後、普及がさらに進んでくると恐らく売り価格と同額の金額まで下がってくる可能性は十分に考えられます。太陽光発電の設置を検討している方は、ある意味ラストチャンスと考えてもいいと思われます。 現在でも電気の需要は供給を下回っているためにいつ太陽光発電の価格が下がるかはわかりません。そのためメーカー側も、割引などをして販売していますので、色々なサービスが付与しているところが多くなっています。

太陽光発電価格について

太陽光発電価格の引き下げが実施されています。つまりは、買取る金額を安くする、ということです。これから普及するとそうしたことがさらに起きる可能性がありますから、覚悟するべきです。それでも太陽光発電システムによる発電を国が奨励していますから、極端に不利益になるようなことはしないです。それは安心してよいですが、それでも買取価格の引き下げは実に大きな問題です。 太陽光発電システムは初期投資費用が意外と高いのです。ですから、買取価格が減る事がダイレクトに損益分岐点に影響してくるわけです。それを考慮して、今から太陽光発電システムの導入するかどうかを決めたほうがよいです。 買取の価格はかなりの重要事項なのです。