ブロック工事や改修工事はお手の物!住宅を変えよう

アスベストの除去

アスベストが与える影響。

建物のアスベストが存在する場合、除去工事の検討しなければなりません。最初に、建物全体を業者に頼んで調査してもらわなければなりません。今は民間の建物に限りアスベスト調査にかかる費用を行政が負担してくれます。対象となるものは大規模な民間建築物となります。そもそもアスベストスとは、天然の鉱石のことで、小さな繊維で出来ています。色々なものに使用されています。吸い込んでしまうと肺に悪影響を与えるといわれています。アスベストを除去するのは基本的に、住んでいる人が誰も居ないときに一気に全部行うのが効率的にも良いと思います。もしそこにまだ住民が住んでいる場合は、そのまま除去工事しなければなりません。すべて取り除くのは困難です。

法律での規制と調査。

法律が改正されてアスベストに対する規制は厳しくなりました。規制が厳しくなったことで、法改正前に調査した建物が新基準で調査すれば規制対象になる恐れがあります。人が住んでいるエリアで除去工事を行う際には、工事中にトラブルでアスベストが飛散してしまう危険性があります。慎重に作業を行ってもらわなければなりません。安全に対しての知識がしっかりとしていることが大事です。アスベストが使われている建物などを解体する時には掲示することが定められています。周辺に与える影響があるためです。この製品にアスベストが使われているを見た目で判断することはまず無理です。業者に調べてもらう以外に確信を持って判断することは難しいです。